ワンランクアップの毎日を目指す、スタイリッシュな女性のためのWEBマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加 没後120年 ゴッホ展 – こうして私はゴッホになった

いよいよ芸術の秋到来。
10月1日からの国立新美術館を皮切りに、全国3か所でゴッホ展が開催されます。

今年は、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)が没して120年目にあたります。画家になると決意してから若すぎる晩年まで、ゴッホの画業を年代順に追いながらその創作の秘密に迫る意欲的な「ゴッホ展」。没後120年に当たる今年、約120点の作品でゴッホ芸術の謎に改めて迫ります。

過去、日本でも数多くの文献や展覧会を通じて、ゴッホの作品が幾度となく紹介されてきました。画家の熱い思いを伝える激しい筆遣いと鮮やかな色彩による独特の絵画スタイルは、その劇的な生涯とともに、多くの日本人の心を捉えています。しかし、ゴッホがいかにしてそれを創り上げるに至ったかについては、これまで充分に紹介されてきたとはいえません。

27歳で画家になることを決意したゴッホは、同時代の画家たちやその作品から、さまざまなものを吸収し、自らの作品に反映させていきました。本展は、ゴッホの代表作に加え、ゴッホに影響を与えた画家たちの作品、ゴッホ自身が集めたコレクションなどを展示し、ゴッホがいかにして「ゴッホ」になったか、を明らかにしようというものです。

オランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館のコレクションから、日本初公開作品を含め、選び抜かれたゴッホの油彩画約35点、素描約30 点と、オランダ時代のゴッホに絵画技法の基礎を手ほどきしたハーグ派のモーヴや、芸術の都パリ時代に出会ったモネ、ロートレック、スーラなどの油彩画約 30点を一堂に展示します。

また、ゴッホのアルル時代の寝室を会場内に再現し、出品作《アルルの寝室》と見比べながら、ゴッホが空間をどのようにとらえ絵画で表現したかを探る画期的な試みや、科学的な視点によるゴッホの技法の分析の成果も交えて、多方面からゴッホ芸術の秘密に迫ります。

感性を磨く、芸術の秋、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

*ゴッホ展 公式サイト

© 2010 i-News